内輪ネタが嫌われる理由と内輪ネタを話したくなる心理

内輪(身内)ネタで盛り上がっている人を見るとイライラしてしまう。

このような経験をしたことはありませんか?(僕はあります笑)

実際にGoogleの検索欄を見てみると、嫌だなと思っている人が多いことがわかります。

内輪ネタ-嫌い

不快な思いをした人は結構多そうですね。

確かに、他人の内輪ネタほど見せられてつまらないものはないでしょう。

しかし、逆もしかり。先の画像を見てみると面白いと感じている人もいる様子。

内輪ネタ-面白い

それもそのはず。人生において内輪ネタ以上に面白いコンテンツはないからです。

人はどうして他者の内輪ネタを不快に思うのか?

一方で、自分の内輪ネタはとても面白いと感じるのか?

今回はこれらの理由を考えてみます。

笑いのメカニズムは緊張と緩和

本題に入る前に、そもそも、人は何を面白いと感じるのでしょうか?

わかりやすい例として、笑いが起こるメカニズムを考えてみます。

笑いが起こる際には緊張と緩和が発生しています。

年末の恒例番組。ガキ使の「笑ってはいけない〇〇」が良い例ですね。

これは、笑ってはいけないという環境下(緊張)で起こるおかしなこと(緩和)によって笑いが発生しているのです。

緊張と緩和

注意
笑いには、安心感から来るものや他者を蔑むものなど、様々なパターンがあります

今回は面白い(funny)の理由だけをフォーカスして考えています。

ただし、笑いが生理現象である以上は、どのケースでも緊張と緩和が理由であることに変わりありません。

緩和を形容する表現として、おかしなことと表記しました。

これは推理の裏切りと考えるとわかりやすいでしょう。

出来事や事象には何かしらの前提が存在します。

イケメンはモテるし、スポーツができるし、大体幸せな人生を送るでしょう。(偏見)

この事象の場合、「イケメン」は前提「モテる・スポーツができる・幸せな人生」は推理となります。

イケメンの前提

推理の裏切りとは、推理していなかったことが当てはまったことを言います。

つまり、イケメンがモテないは面白いのです。(※これは蔑みの笑いです)

わかりやすい例が「いないいないばあ」。どうして赤ちゃんは笑うのか?

いない(いない)

いない(いない)

ばあ(いる)

このように「いない」という推理が裏切られることで、赤ちゃんは面白いと感じ、笑うのです。

赤ちゃん

そのため、「いる」が前提の大人は全く面白いと感じません

大人

例えツッコミが面白い理由

笑いのメカニズムについてもう1つ。例えツッコミについて紹介させてください。

くりぃむしちゅーの上田さんや、フットボールアワーの後藤さんがよく用いていますね。

これは、場面に対してありのままツッコむのではなく、予想を上回るツッコみ(推理の裏切り)をするので面白いと感じるのです。

例1

・場面:行動が遅かったことに対して

・一般的なツッコミ:「遅いよ!」

・例えツッコミ:「11月に冷やし中華を始めたくらい遅いよ!」

例2

・場面:2つのものごとの差がありすぎた様に対して

・一般的なツッコミ:「全然違うじゃん!」

・例えツッコミ:「高低差ありすぎて耳キーンってなるわ!」

「一般的なツッコミが来るであろう」という推理が裏切られるので、面白いと感じるのです。

内輪ネタは面白いに決まっている

では本題に入ります。なぜ身内ネタは面白いのか?

先ほど例に出した例えツッコミ。

これも広い意味では内輪ネタの1つです。なぜか?

例えたものが何かわからなければ面白くないからです。

  • 冷やし中華は通年商品ではなく、夏場に提供が始まるもの
  • 高低差があると耳がキーンとする

こうした知識がないとツッコミの意味がわかりません。

いくら推理の裏切りが起きても、知識がないことは面白くないからです。

お互いの知識がある程度一致しているため、推理の裏切りを理解しやすいのです。

例えツッコミは面白い

また、内輪ネタというからには、何かしら組織やチームが同じはず。

先の例とは異なり、知識量もかなりあるのです。

話題が付きにくい上にわかりやすいため、ついつい内輪ネタをしてしまうのです。

疎外感を覚えるからつまらない

ここまで来たら、内輪ネタがつまらない、不快に感じる理由もおわかりいただけたと思います。

  • 知識がないので面白さがわからない
  • 除け者にされているという疎外感

この2つが大きな要因です。

1つ目は先程から説明をしている通り。

推理の裏切りが理解できないものは、どう頑張っても面白くないのです。

2つ目は心理的な要因。人間は自身が蔑ろにされることを嫌います。

自分が仲間内に入れない話題で、面白おかしくしている様子は、不快以外の何物でもありません。

身内ネタ

こうした理由から、内輪ネタはつまらないと感じるのです。

まとめ

先の例でも紹介した通り、世の中で面白いことはすべて内輪ネタです。

推理の裏切りは、知識あって成り立つので、知らない人からしたら面白くありません。

極端すぎるかもしれませんが、ある程度の諦めは心も必要なのかもしれませんね。