【感想】ストーカー女子高生が難事件に挑む!(辻堂ゆめ『片想い探偵 追掛日菜子』)

独自の設定の中で展開されるミステリが多い辻堂ゆめさん。

今回はその中でも異彩を放つ作品を紹介します。

『片想い探偵 追掛日菜子』です。

追掛日菜子は舞台俳優・力士・総理大臣などを好きになっては、相手の情報を調べ上げ追っかけるストーキング体質。しかしなぜか好きになった相手は、殺人容疑をかけられたり脅迫されたりと、毎回事件に巻き込まれてしまう。今こそ、日菜子の本領発揮!次々と事件解決の糸口を見つけ出すが―。前代未聞、法律ギリギリアウト(?)の女子高生探偵、降臨。(「BOOK」データベースより)

追っかけをする対象が巻き込まれる5つの事件。

好きな相手のために、日菜子は事件の真相を探るのでした。

法律ギリギリアウトの女子高生

あらすじにある通り、主人公の日菜子は好きになった相手(推し)を徹底的に調べ上げて追っかけている女子高生。

いわゆるストーカーです。笑

そんな彼女が好きになる相手は、なぜか毎回事件に巻き込まれてしまう。

推しのピンチを救うために、日菜子は事件解決に挑むのです。

舞台俳優、お相撲さん、子役、漫画家、総理大臣。

5人の推しとそれぞれの事件が収録されている短編集です。

日菜子はとにかく個性が強く、相手のスケジュールを徹底的に調べ上げます。

傍から見たら、犯罪同然なとんでもないことをしてます。笑

そんな彼女だからこそ、事件解決の熱量は強いのですが。笑

軽快な文章で展開される

また、本作は語り口がかなり軽いです。

ライトノベルに似た感じの言葉と文体。

あまり小説を読まない人でも読みやすいテイストの文章になっています。

ミステリとしてもしっかり謎の提示と解決がされるので、楽しめるはずです!

どんでん返しの安定感はさすが

辻堂作品の魅力は、ラストに待っているどんでん返し。

伏線回収と後半で明らかになる真実にビックリする作品ばかりです。

本作は設定が通常とは異なる上に、かなり軽い小説として扱われています。

各小説に、どんでん返しはしっかりと用意されています。

個人的には、4つ目の話が特にキレイなミステリだったなと思います。

軽い感じの小説を読んでみたい人はぜひ手にとってみてください!

また、辻堂作品には軽くない文体の小説も数多くありますので、気になった人はそちらも併せてチェックしてください!

【感想】驚愕のラスト!自分が認識されない理由とは?(辻堂ゆめ『いなくなった私へ』) 【感想】最後のネタバラシは一級品!切なさでいっぱいになる読後感(辻堂ゆめ『コーイチは、高く飛んだ』) 【感想】虚偽記憶が植え付けられた理由は?新しい恋愛ミステリ(辻堂ゆめ『あなたのいない記憶』)