【感想】推理をしない探偵のとんでもミステリ(麻耶雄嵩『貴族探偵』)

最後の最後にとんでもない真実を突き付けてくる小説家、麻耶雄嵩さん。

どれほど構えて読んでも騙される作品ばかりです。

(アンフェアな要素も多分にありますが笑)

【感想】小説好きが絶対に騙される一冊(麻耶雄嵩『蛍』) 【感想】神様の言うことは絶対!問題だらけの児童書(麻耶雄嵩『神様ゲーム』)

今回は映像化もされた人気作品を紹介します。

麻耶雄嵩『貴族探偵』です。

信州の山荘で、鍵の掛かった密室状態の部屋から会社社長の遺体が発見された。自殺か、他殺か?捜査に乗り出した警察の前に、突如あらわれた男がいた。その名も「貴族探偵」。

警察上部への強力なコネと、執事やメイドら使用人を駆使して、数々の難事件を解決してゆく。

斬新かつ精緻なトリックと強烈なキャラクターが融合した、かつてないディテクティブ・ミステリ、ここに誕生!傑作5編を収録。(「BOOK」データベースより)

嵐の相葉雅紀さんが主演でドラマ化されている本作。

探偵なのに推理という雑事はしない。貴族探偵。

一見するとただのミステリ小説のように見えますが、中身は麻耶節が炸裂しまくりの短編集です。

ウィーンの森の物語

山荘で起こった会社社長の殺人事件。

部屋の鍵は社長のポケットに入っており、現場は密室になっていた。

犯人はどのようにして、社長を殺害したのか?

この物語は、犯人が密室作りに失敗しているような描写から始まります。

実際、事件が起こればコナンにもよく出てきそうなありきたりなミステリのように思えます。

ただ、麻耶さんがそんな展開に持っていくはずがありませんでした。笑

一風変わったミステリの始まりとして、面白いなと感じました。

トリッチ・トラッチ・ポルカ

倉庫から発見された女性の死体。彼女はバラバラにされて死んでいた。

捜査を進めると、殺された女性はたくさんの人間を脅していたことがわかり、動機を持つ者はたくさん。

脅された男の1人が警察に逮捕されるが、貴族探偵は別に犯人がいると考え…。

メイントリックが奇想天外過ぎ!

普通思いついても誰もやりません。笑

まあフィクションで、麻耶ワールドの作品と考えればOKでしょう。

ちゃんと伏線というか理由もあるので、トリック自体は納得できると思います。

こうもり

旅行中の2人の女子大生。プライベートで旅行に来ていた作家と出会います。

仲良くなったのも束の間。翌日、作家の妻が何者かに殺害されてしまいます。

不仲が騒がれていた夫婦でしたが、作家にはアリバイがありました。

犯人は誰で、どのようにして殺害をしたのか?

個人的には1番好きな物語。(というか言いたいことがたくさんあります。笑)

本当にバカ!マジで!こんなトリック誰も気づかないよ!

読み終えても何が起きたかわからなくなります。

そして、該当箇所を読み返して再び「ふざけんな!」となります。

とにかくこの話だけはみんなに読んでもらいたいです笑

加速度円舞曲

旅行をドタキャンされ、彼氏に浮気され、踏んだり蹴ったりの女性。

しかも、帰宅途中に落石事故に遭遇。幸いにも無事でしたが、帰路を断たれてしまいます。

そんな女性のもとに偶然表れた貴族探偵。

落石事故はどうやら意図的なもののようでした。

落ちてきた元を辿っていくと1つの屋敷が。

そこには死体が転がっていたのでした。

犯人指摘までの流れはお見事。

そしてラストのバカミス的なネタも個人的には大好きでした。笑

とはいえ、「こうもり」の後だとどうしてもインパクトは薄れてしまいますよね。

春の声

ある権力者の家で、娘の花婿候補を選ぶ会が行われていた。

トラブルが起きないように、それぞれに部屋があてがわれたものの、残念ながら殺人事件が起こってしまう。

しかも、花婿候補3人が全員殺されてしまったのだ。

屋敷の誰が犯人なのか?

貴族探偵は捜査に乗り出します。

相変わらず一筋縄には終わらせない麻耶雄嵩さん。

物語のトリックも奇抜でしたが、その先もお見事でした。

これまでの作品と比較すると、オチは読みやすいかもしれませんが、

作品のまとめとしては申し分ないでしょう。

これらの作品はすべてドラマ化もされていますので、気になる人はチェックしてみてください。

あと、「こうもり」だけは皆さん読んでください。笑