【感想】シリーズ2作目!とんでもミステリは健在!(麻耶雄嵩『貴族探偵対女探偵』)

探偵なのに推理をしない、貴族探偵。

一風変わったキャラクターとして以前紹介をしました。

今回はシリーズ2作品目。

麻耶雄嵩『貴族探偵対女探偵』を取り上げます。

新米探偵・愛香は、親友の別荘で発生した殺人事件の現場で「貴族探偵」と遭遇。

地道に捜査をする愛香などどこ吹く風で、貴族探偵は執事やメイドら使用人たちに推理を披露させる。

愛香は探偵としての誇りをかけて、全てにおいて型破りの貴族探偵に果敢に挑む!

事件を解決できるのは、果たしてどちらか。精緻なトリックとどんでん返しに満ちた5編を収録したディテクティブ・ミステリの傑作。(「BOOK」データベースより)

前作と同様、パッと見た感じはちゃんとしたミステリ。

しかし、中身は奇抜な小説でした。

白きを見れば

女探偵・高徳愛香は、友人の紗知に招待されて別荘にやってきていた。

そこは曰くつきの別荘だった。

愛香の他にも紗知と同じゼミ生が泊まっていたのだが、1人の生徒が死体となって発見される。

状況を見た愛香は殺人事件と判断。犯人探しに乗り出します。

相変わらず貴族探偵はほとんど出てきませんね。笑

そして、噛ませ犬キャラとしてでてきた愛香ですが、ちょっと推理が雑過ぎます。笑

ちゃんとしたミステリになっているので、オチを聞いても面白い。

(ちゃんとしたとは言えないかもですが)

貴族探偵シリーズの中では、まともな真相でした。

色に出でにけり

3人の恋人を持つ玉村依子。

彼女の別荘に招かれた恋人たちと愛香。

その中には貴族探偵の姿もあった。

そして、またしても殺人事件が発生してしまう…。

ミステリとして論理的に犯人を指摘するシーンは相変わらず面白い。

そして、犯行に至った動機の部分。

個人的にはこの作品の驚きポイントはここでしょう。

賛否両論あるみたいですが、結構好きな内容でした。

むべ山風を

大学の准教授・韮山瞳からの依頼で彼女の研究室を訪れた愛香。

しかし、いざ行ってみるとそこには貴族探偵の姿があった。

他愛もない事件を依頼されるはずだったのだが、大学構内で殺人事件が発生してしまう。

殺されたのは韮山のゼミ生。

現場のシンクに残されていたのは、ゼミ生が使っているコップ。

置かれていた位置やコップの色から、犯人を論理的に推理する愛香でしたが…。

珍しくしっかりと論理的なアプローチで解決される本作。

ただし、推理が入り組みまくっているので混乱しまくりです。笑

愛香の推理も、執事の推理も理屈はわかりますが、理解が大変でした。

幣もとりあえず

山奥の温泉宿に伝わる座敷童子の伝説。

そこで行われる、いづな様と呼ばれる儀式にやってきた、愛香と紗知。

彼女らの他にいた数人の宿泊客の中には、貴族探偵の姿があった。

そして、どうも殺される動機を持っている宿泊客も。

何かが起こりそうな雰囲気だったが案の定事件が起こる。

浴場の片隅で、宿泊客の1人が他殺体となって発見された。

しかし、被害者は殺される動機を持つ者ではなかった…。

前作の「こうもり」ばりにどんでん返しがスゴイです。

これは気付かないし、何が起こってるか一瞬では意味がわかりません。笑

とにかくトリックが凄まじい。内容が複雑過ぎて理解するのが大変でした。

なほあまりある

高知県の小島を訪れた愛香。何者かに探偵業の依頼をされたのだ。

依頼主は不明だったのだが、その場には依子の姿があった。

もちろん、貴族探偵もその場にはいたのだが。

バカンスを楽しんでいた一同であったが、今回も殺人事件が発生するのだった。

これまでの物語とは異なり、貴族探偵が犯人かもしれないという描写もありますが、果たして?

ただ、この事件はトリックが重要ではないです。笑

最後の最後に訪れるラストが素晴らし過ぎます。

どんでん返しというか、キレイなオチがちゃんとありました。

ここまでの前振りが効いています。