【感想】文集完売を目指して奮闘!盗難事件の犯人と動機は?(米澤穂信『クドリャフカの順番』)

アニメ化もされて人気の高いシリーズ作品。古典部シリーズ。

過去には、『氷菓』『愚者のエンドロール』を紹介してきました。

【感想】小説初心者でも楽しめる傑作(米澤穂信『氷菓』) 【感想】描かれなかった映画のラストとは?(米澤穂信『愚者のエンドロール』)

今回はシリーズの3作品目を取り上げていきます。

米澤穂信『クドリャフカの順番』です。

待望の文化祭が始まった。だが折木奉太郎が所属する古典部で大問題が発生。

手違いで文集「氷菓」を作りすぎたのだ。

部員が頭を抱えるそのとき、学内では奇妙な連続盗難事件が起きていた。

盗まれたものは碁石、タロットカード、水鉄砲―。この事件を解決して古典部の知名度を上げよう!

目指すは文集の完売だ!!盛り上がる仲間たちに後押しされて、奉太郎は事件の謎に挑むはめに…。

大人気“古典部”シリーズ第3弾。(「BOOK」データベースより)


本作はシリーズで初めての長編作品となっています。

文化祭で起きたちょっとしたトラブルと盗難事件。

古典部のために奉太郎が事件の謎に挑みます。

作りすぎた文集

文化祭当日。古典部の部室にはあるものが山のように置いてあった。

古典部の文集、氷菓である。

30部用意するはずが、摩耶花の手違いで200部も注文してしまったのだった。

完売を目指して、策を練る古典部の面々。

知名度アップや売り場の交渉。

買ってくれる人を探すなど、様々な行動をすることになる。

省エネ主義の奉太郎はもちろん店番ですが。笑

果たして氷菓を完売させることはできるのか?

文化祭で起こる盗難事件

時を同じくして、文化祭ではちょっとした事件が発生していた。

囲碁部から碁石。占い研究会タロットカード。お料理研究会からおたま。

これらがそれぞれ盗まれ、現場には“十文字”を名乗る人物からの犯行声明が残されていた。

アガサクリスティの『ABC殺人事件』を模したような盗難事件。

犯人は何のために、このようなイタズラをしているのか?

店番をしながら推理をする奉太郎が出した答えとは。

青春は優しいだけじゃない

青春は優しいだけじゃない。

アニメのキャッチコピーにもなっている言葉です。

これまでの古典部シリーズは、奉太郎視点で話が進んでいました。

しかし、今作は少し違います。

千反田、里志、摩耶花、そして奉太郎の4人の視点で物語は進んでいきます。

この演出によって、彼らの心の中が垣間見れるようになっています。

自身をデータベースだと称している里志の本心。

摩耶花の漫画にかける熱い想い。

青春とはキラキラとした華やかさばかりではない。

優しさに溢れていて、楽しいだけでもない。

思春期の彼らの葛藤や悩み。心の叫びが見えて、感情移入がしやすい作品でした。

そして、物語の根幹になっている盗難事件の謎。

相変わらずキレイに伏線を回収し、驚きのタネが明かされます。

テンポの良い小説の中で、ネタをバラまきながら、一気に回収する様はお見事。

個人的には古典部シリーズで最も好きな作品です。

古典部員の人間らしさが前面に出ているだけでなく、ミステリとしても一級品。

青春ミステリの面白さにハマってみてください。