【感想】本格ミステリ好きは読んじゃダメ!予想できるはずないラストの短編集(麻耶雄嵩『メルカトルかく語りき』)

私には、どんでん返しの小説を読みたいと思った時に手に取る作家がいます。

麻耶雄嵩さんです。

『蛍』や『貴族探偵』など突拍子のないミステリを数々発表している麻耶さん。

【感想】小説好きが絶対に騙される一冊(麻耶雄嵩『蛍』) 【感想】推理をしない探偵のとんでもミステリ(麻耶雄嵩『貴族探偵』)

奇抜で驚きに満ちた小説ばかりで、読んでいて癖になる作家です。

今回は数ある中から、メルカトル鮎のシリーズ作品を紹介します。

『メルカトルかく語りき』です。

傲岸不遜で超人的推理力の探偵・メルカトル鮎。

教師殺人の容疑者はメフィスト学園の一年生、二十人。全員にアリバイあり、でも犯人はいる―のか?

相棒の作家、美袋三条は常識破りの解決を立て続けに提示する探偵に“怒り”すら抱く。

ミステリのトリックを嘲笑い自分は完璧とのたまう“銘”探偵の推理が際立つ五篇!(「BOOK」データベースより)

驚異のラストが待っている5つの短編。

何が起こるかを構えていても、絶対に予想外のことが起こります。

なぜなら、こんなのはミステリではないからです。笑

死人を起こす

1年前に起きた仲間の死を話し合いにやってきた高校の同級生たち。

そんな彼らがやってきた洋館で、新たな殺人事件が起こる。

現場にやってきたメルカトルはすぐさま犯人を指摘しますが…。

初っ端からとんでもないラストを提示してきたなと思いました。笑

メルカトルならではの推理と結末に唖然とします。

いわゆるバカミスになるのかなと思いますが、ひねりが効いているのが良いですね。

九州旅行

美袋のマンションで起こった殺人事件。メルカトルは捜査に乗り出します。

キャップがついたままのマジックペンが意味することは何なのか?

2人は起こったことを再現しようと、寸劇を始めますが…。

ラストがふざけすぎです。(褒めてる)

いきなり予期できない方向から真実が明らかになってビックリ。

さっきまでの描写は何だったの?となる作品です。

収束

洋館で起こった宗主の殺人事件。現場はクローズドサークル。

メルカトルは犯人探しを始めますが…。

冒頭で語られる3つの殺人描写。これが、最後の最後で明かされるあることとキレイに結びつきます。

ラストのオチはビックリでしたし、その先がどうなるのかを知りたくなる物語です。

終わらせ方も結末に行くまでの過程も素晴らしい。

タイトルとラストのリンクには「なるほど」となります。

5つの中で1番好きなお話でした。

ただ、意味のわからないラストに変わりありませんが。

答えのない絵本

ある学園で教師が何者かに殺害された。

容疑者は生徒20人。全員にアリバイがあるが、犯人は一体誰なのか?

こんなオチは普通のミステリだったら絶対に許されません。絶対に!

でもそれを求めて読んでいるから良しという感じです。

論理的に推理を進めるとこうなるというオチがほんとに異常。

麻耶作品の中でもかなりぶっ飛んだラストが待っています。

密室荘

メルカトルの別荘にやってきたメルカトルと美袋。

翌日、「セメントが欲しい」と急に言い出したメルカトル。

別荘の地下から死体が見つかったのだった。現場は密室。犯人は?

普通に考えたらまかり通らないミステリ。おかしさしかありません。

これぞまさにバカミスです。笑

「答えのない絵本」のインパクトが強いのでややぼやけてしまうかもしれませんが、十分突拍子のないミステリです。

ここまで読んでわかりましたが、本作は普通のミステリに飽きた人向けの小説です。

間違っても本格ミステリ好きは読まないでください!!