記事内ではアフィリエイトURLを使用しています

【米澤穂信】小市民シリーズの読む順番は?感想と一緒に紹介!

小市民シリーズー順番

米澤穂信さんの人気シリーズ<小市民シリーズ>の読む順番を紹介します。

『氷菓』から始まる古典部シリーズと同じく、日常の謎を描いた学園ミステリとなっています。

【古典部シリーズ】米澤穂信『氷菓』の読む順番と全作の感想

2024年7月にアニメ化されることが発表され、ファンの間では大きな話題となりました。

今回は<小市民シリーズ>の読む順番と各作品の感想を紹介したいと思います。

小市民シリーズとは?

このシリーズの主な登場人物は小鳩常悟朗と小山内さきという二人の高校生。

彼らは恋愛関係でも、友人関係でも、依存関係でもない。互恵関係を結んでいるのでした。二人は、穏やかな日々を過ごすために小市民として過ごそうとしています。

彼らは高い推理力を持っているにもかかわらず、過去の出来事がきっかけで、身の回りにある問題に関わらない平穏な日々を目指しているのです。

この<小市民シリーズ>は、2024年7月にアニメ化されることが決まっており、改めて注目されています。

今回は<小市民シリーズ>の読む順番を紹介していきます。

小市民シリーズの読む順番

先にお伝えすると、小市民シリーズは刊行されている順番に読むをおすすめします!

その通りに読めば、時系列に沿って物語を楽しめるようになっています。4作目の『巴里マカロンの謎』は、時系列では1作目と2作目の間に位置していますが、特に大きな問題はないので、刊行順に読んでみてください。

それでは、各作品の紹介をしていきます。

1作目:春期限定いちごタルト事件

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校1年生。きょうも2人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、2人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に駆られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星をつかみとることができるのか?

1作目は『春期限定いちごタルト事件』です。高校一年生の小鳩と小山内は<小市民>として過ごすために互いに協力をする日々を過ごしていました。

なるべく謎解きは避けるようにしているはずなのに、彼らのもとには自転車の盗難事件などの謎が舞い込んでしまうのでした。

学園を舞台にした日常の謎を描いており、長編作品ではありますが、短編のように物語は進んでいきます。内容としては『氷菓』に近い感じです。

謎解きの楽しさと会話のテンポの良さがたまらない素晴らしい1作目となっています。

【感想】小市民を目指す2人の高校生!日常の謎を解く!(米澤穂信『春季限定イチゴタルト事件』)

2作目:夏期限定トロピカルパフェ事件

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を! そんな高校2年生・小鳩君の、この夏の運命を左右するのは〈小佐内スイーツセレクション・夏〉!? 待望のシリーズ第2弾。

2作目は『夏期限定トロピカルパフェ事件』です。高校二年生になった小鳩と小山内。夏休みに小鳩は小山内からスイーツを食べに行こうと誘われます。

互恵関係があるので、一緒に行くもののなぜ小山内の行動に違和感を覚える小鳩。そんなある日、小山内は何者かに誘拐されるという事件が起きてしまうのでした。

日常の謎がベースにありつつ、小山内が誘拐されるという大きな事件を描いた物語。

【感想】小市民第2弾!前作よりもパワーアップした日常の謎(米澤穂信『夏季限定トロピカルパフェ事件』)

3作目:秋期限定栗きんとん事件

あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、ぼくの幸せな高校生活は始まった。学校中を二人で巡った文化祭。夜風がちょっと寒かったクリスマス。お正月には揃って初詣。ぼくに「小さな誤解でやきもち焼いて口げんか」みたいな日が来るとは、実際、まるで思っていなかったのだ。――それなのに、小鳩君は機会があれば彼女そっちのけで謎解きを繰り広げてしまい……シリーズ第3弾。

3作目は『秋期限定栗きんとん事件』です。この作品は上下巻になっていて、二人が高校二年生の秋から高校三年生の秋までを描いています。

二人の関係には変化が起きていて、それぞれに親しい異性がいる状況になっています。

そんな中で、市内で起きている連続放火事件の謎を、小山内さんの彼氏である瓜田くんが調べることになります。そして事件のある共通点を見つけることになりますが…。

また、同じくして小鳩もこの事件の謎を追っているのでした。

上下巻で少し大きめの事件を扱っているのですが、話自体はライトなのでサクサクと一気読みできてしまいます。

【感想】連続放火犯の目的は?小市民シリーズ第三弾!(米澤穂信『秋季限定栗きんとん事件』)

4作目:巴里マカロンの謎

ここにあるべきではない四番目のマカロンの謎、マスタードが入った当たりのあげパンの行方。なぜかスイーツがらみの謎に巻き込まれがちな、小鳩君と小佐内さんの探偵行。「小佐内先輩が拉致されました! 」「えっ、また」?お待たせしました、日々つつましく小市民を目指す、あの互恵関係のふたりが帰ってきます。人気シリーズ11年ぶりの最新刊、書き下ろし「花府シュークリームの謎」を含めた番外短編集。四編収録。

4作目は『巴里マカロンの謎』です。4つの短編が収録された一冊。これまでのように●●限定となっていないので、独立した位置づけになっています。

時系列では、二人が高校一年生の秋以降を描いています。1作目と2作目で描かれていなかった期間での、日常の謎を扱った短篇集です。

どの短編にもスイーツの名前が入っていて、スイーツを通じて起こるちょっとした謎に挑んでいくというお話です。

【感想】マカロンが増えたのはなぜ?小市民シリーズ最新作!4つの日常の謎(米澤穂信『巴里マカロンの謎』)

5作目:冬期限定ボンボンショコラ事件

5作目は『冬期限定ボンボンショコラ事件』です。

2024年4月に刊行される、<小市民シリーズ>の完結編となっています。時系列としては高校三年生になっているでしょう。

シリーズの完結は嬉しいような寂しいような感じで、少し複雑ですが楽しみたいと思います。

まとめ

日常の謎を描いた学園ミステリということで、『氷菓』などの古典部シリーズが好きなら間違いなくハマるはず。

アニメでは2作目の『夏期限定トロピカルパフェ事件』までを扱うようです。どのような感じになるのか今からとても楽しみです。

前の作品を読まないと前後関係がわからない部分があるので、春夏秋冬の刊行順に読むことをおすすめします。

スイーツとともに描かれる、美味しい日常の謎をぜひ楽しんでください。